日常の出来事

メダカの赤ちゃんがホームにやってきた。

津幡グループホーム メダカの赤ちゃん

こんにちは、グループホーム123職員の小田です。

今回は、利用者さんの家庭で飼っている”メダカ”の赤ちゃんがホームにきたお話しです。

 

グループホームでは、現在コロナのことで外出することができません。赤ちゃんの成長が、外出できないことの”ストレス”を癒してくれてます。

 

現在ホームでは、室内と、玄関先でメダカを飼っています。

 

飼い方は簡単で、室内はコーヒーの空きビンで、玄関先は、発泡スチロールの容器に水草を入れて飼っています。

水かえは、ほとんどしてません。

エサは、市販のものを1〜2に、ごく少量あげるといった感じです。

 

津幡グループホーム メダカの赤ちゃん

みなさんはじめは、あまり見えていない様子です。というのも、赤ちゃんなので、めちゃめちゃ小さいのです(笑)

 

目をこらして、動いているのが見えると、

『あ!動いとる!動いとる!』

と感動していました。

 

大きくなった現在は、

『大きなったね〜』、『カワイイ〜♪』、『私の所によってくるわ〜』

と喜んでいる様子。

 

冗談でよくこのような会話をします。

今日の夕飯やよ~

 

ほんなが、かわいて食べれんわいね〜。

 

朗らかな日常の様子をお届けしました♪

-日常の出来事
-,

Copyright© GroupHome1.2.sun BLOG , 2020 All Rights Reserved.